主婦援交の理由~生活費に困った私と掲示板で知り合った経営者との関係

私の体験談です。私27歳、結婚して3年になります。

私も旦那もバツイチで7歳の子供と暮らしてました。

最初の子供ができてシングルマザーで頑張ってきました。

夜はガールズバーやキャバクラをいくつか経験してそこで知り合ったお客さんとも何度か応援してもらう関係がありました。

3年ほど前によるのお店で知り合った男性と結婚。

今の旦那です。

 

彼は子供にはやさしいのですが知り合った頃とは違い今はろくに仕事もせずお酒飲んでるかパチンコ行ってるかの生活。お給料もほとんど旦那に使い込まれています。

そんな生活態度のことで何度か夫婦げんかにもなりました。

生活費はここ2年ほど私が夜の世界へ復帰して稼ぐことでなんとか成り立っています。

旦那のことは愛しているのかもしれませんが、やはり生活苦なこともあり最近はそういう気持ちも覚めたようなよくわからない気分です。

私は20歳で出産して、シンママだったので子供が小さいころ少しだけ応援してくれる男性と定期的に会ってました。

その人は家庭のある方だったので結婚という形にはなりませんでしたが当時の私達には経済的な応援があって

成り立っていたように思います。

 

当時はケータイのサイトでその男性と知り合ったということもあり、生活費に困ると複数のサイトでサポしてくれる方を探してはその場限りという関係が何度かありました。いわゆる即エッチですね。

なのでどうしてもお金に困るとそういったサイトの掲示板で募集かけてみたりする考えが抜けません。

実は先日、どうしても子供の携帯代が払えず掲示板で援助募集してたときに会った40代の男性がいます。

自営業で仕事されているようで昼間やお昼すぎの時間に何度か会うようになりました。

最初は☆で1時間ほど一緒に過ごしました。もちろんエッチありです。

そのときいろいろお話聞いてもらってこれからも時間あれば会いましょうということになってズルズルと会い続ける関係になりました。毎回会うたびに2万ほどお小遣いをもらってます。毎回いただくのもあれなんで断ったりもするのですが差し出してくれます。本当に助かるので一応受け取りますが、、

旦那が仕事もせず私の夜のわずかな稼ぎをギャンブルで浪費して子供の養育費もろくに支払えない私の家庭環境。それにくらべてこの経営者さんは会うたびに少しばかりですが応援してくれます。

愛情とかそういうものではなくても感謝の感情は生まれてきます。

いつの間にか彼と会うことが楽しみになって旦那とは関係をもたなくなりました。

この方は家庭があるのでそれを壊すようなことは一切考えませんしそんな望みもありません。

ただ、結婚するならちゃんと収入があって家庭にお金をいれてくれる人といっしょになれればこんな思いをしなくても済むのに。いつもそういうふうに思ってしまいます。

主婦援交やシンママ友達の割り切りはまわりでも何人かいます。私はもともと裕福な家の出身じゃないし周囲も同じような環境の友達が多いのでそういったことには普通の人より抵抗感は低い方です。

といっても抵抗がないわけではないですけどね。

援助交際やサポありで会うにしても不特定多数で会うのはやっぱりいやです。

できればいい人と知り合ってその人が大事にしてくれるなら定期的に会いたい。

今はこんな旦那でもいることになるので結婚なんて出来ませんが、子供のことはなんとか成人するまで頑張って育てたいので応援してもらえることは本当に助かりますし感謝してます。

今は子供に対しての愛情しかないですが、やっぱり優しくされると頼りたくなります。この経営者さんにとって私はただのセフレか愛人、いやただのセックス相手かもしれません。

 

まだ30歳手前の私が一番手っ取り早く生活費を手にすることが出来るのはこの人と会うこと。

旦那にばれずにお金を手にする方法なんです。

いつまで続けるとか期限は設けていません。夜の仕事の給料は旦那にとられるので旦那にみつからないお金がないとやっていけないし他の仕事見つけても結局むしりとられる。

今はこの40代の紳士に頼るしか無い。

それが私の現実です。

 

以上、

※出会い系サイトで知り合った某女性からの取材による内容です。